クレジットカード現金化使う前の注意点

クレジットカード現金化

クレジットカードショッピング枠現金化でチェックしておく事

本記事ではクレジットカード現金化が危ないのか?大丈夫なのか?元従業員がご紹介します。

注意点を最初に理解することによって嫌な事を回避しましょう。

クレジットカード現金化とは?

クレカショッピング枠現金化とは、古物商の許可を受けた商品の取引業者が、手続きしたい人のクレジットの買い物限度額の範囲の中で商品を購買してもらい、その購求価格から手数料だったり諸経費を差し引いた代金で買い取ることによって、申込者が現金が手に入る手法です。

先にHPや口コミ、それ以外に換金という行為を商売にしている会社の多くの情報を確認して堅実な店舗を適用すれば全く問題ないですが、もしも、悪徳行為などをしている業者に連絡してしまったときも、事前の準備や対応をやっておけば痛い目に遭わずに済むかもしれません。

クレジットカード現金化3つの直ってほしい点

ショッピング枠の現金化は法律違反?

クレジットのショッピング枠はショッピングで使用するやり方です。本来、現金を用立てるものではありません。

現金にするためにお金に換える率のでかいものばかり購入してると、もし、それが知れてしまうと消費者であるあなたのクレジットカードが利用停止になるおそれがあります。おそれがでてきます。

カード現金化サイトのページには公安委員会からの許しを取っています!というような記載がされていますが、これは本当は「古物取引」の許可を受けただけであって、カードのショッピング枠現金化の許しを取っているわけではありません。

優良現金化業者を選別する手法

クレジットカード売買には色々なグレーなところがあります。

前述した通り、クレジット買取には多くの悪質な行為が蔓延していてひどい業者に引っかかってしまうおそれは確率は0ではありません。

しかしもう何年もこのようなサイトが運営を続けていける最大の理由は手続きしたい人の需要があるからに間違いありません。

クレカ現金化という手法がどのようなものか、営業をしている会社かはどんな性質の人間かをちゃんとわかったうえで少しでも確かで確かなサイト見極める事が肝心なテーマではないでしょうか?

このような依頼を理解してくれる安心会社はそれなりの数、存在します。

ご自身で検索される場合はいかにして優秀な会社を検索すればばいいのでしょうか。

方法の一つとしてHPや口コミ案内を閲覧するという手段があります。

ですが、WEBページをリサーチするときにもいくつかのポイントがあります。

HPに書かれていることは事実とは限りません。

最短振込10分・手数料一切なしのような夢のような条件は信じない方が正解です。

換金率のだいたいの店舗は無難な店を媒介した場合でも80%程度いけば十分に高換金率だと理解してください

すごく高い買取率は嘘かもしれません

詳しいことは電話で問い合わせましょう。

その時の対応でどのような印象を受けたかで、おおまかな会社様子がうかがえます。

クレジットカード現金化まとめ

今回はクレカショッピング枠現金化について、色々かきました。

自分にあったお店を探してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)